キャッシング・ローンの法律研究室



役務(えきむ)とは


・役務(えきむ)について


他人の利益にために行う何らかの労務や便益などのサービスの提供のことをいいます。最近は、社会がモノからサービスの時代に移ったことを反映して、 スポーツ クラブの会員、 資格取得 講座 、リースなどの役務提供をめぐり、消費者被害が増加しています。

モノの価値を高めると売りやすいため、塾つき 学習教材 、呉服と 旅行 などモノに関連した形でサービスを提供する取引が増大していますが、これらに対する法整備が追いついていないためさまざまな問題が生じています。

関連トピック
・役務契約(えきむけいやく)について

役務付帯契約とは、役務と商品の販売が セット になっているものをいいます。これには、役務が主で商品の売買が従となっている契約と、商品が主で役務が従となっている契約があります。

具体的には次のようなものです。
(1)役務が主で商品の売買が従となっている契約
・・・ 美容 サロンの役務契約と 化粧品 の販売がセットになっているような契約です。

(2)商品が主で役務が従となっている契約
・・・太陽温水器の購入契約について、温水器の販売と、取り付けの役務がセットになった契約で、代金を割賦で支払うといった工事施行付帯契約などです。

スポンサーリンク

ROA
ROE
悪意(あくい)
IT書面一括法
役務付帯契約(えきむふたいけいやく)
役務契約(えきむけいやく)
役務(えきむ)
営業所等
請負契約(うけおいけいやく)
一括表示

Copyright (C) 2007-2012 キャッシング・ローンの法律研究室 All Rights Reserved